市長に2013年度予算要望を提出しました

2012年10月17日 13時14分 | カテゴリー: 活動報告, 環境・まちづくり・行政

  9月は27日に定例議会が終わり、その後は10月9日から12日まで2011年度決算特別委員会が開かれました。今後、市では来年度2013年度にむけての予算編成を行っていきますが、会派生活者ネットワークとしての予算要望を、10月4日市長に提出しました。

 若者世代での非正規雇用の増加、超高齢化、原発事故後のエネルギー問題など、課題が山積するなか、対処療法的な施策だけでなくしくみづくりに力を置いています。要望項目の中には、子どもオンブズパーソン制度(子どもの権利の視点に立って第三者的な立場で専門家が相談を受け、当事者である子どもに寄り添いながら、学校や教育委員会など関係機関に助言や勧告・指導を行う)のように、10年以上も前から要望し続けているものもあります。もちろん、実現しているものもたくさんあります。

 具体的な都市計画への賛否や個別の道路整備や施設補修・整備、地域課題は日常の活動の中で伝え、予算要望としては大きな括りで伝えていくのが、生活者ネットワークのスタイルです。同時に運動グループである小平市地域協議会でも、市民のみなさんから寄せられたひとこと提案を予算要望として提出しています。こちらは項目が多岐にわたっています。

これから予算確定まで、市民の幸せに絶対に必要だと思うものを粘り強く訴え続け交渉していきます。

 

2013年度予算要望_会派_HP用

2013年度地域協議会予算要望