第二次環境基本計画素案のパブコメ募集中!

2011年10月31日 14時51分 | カテゴリー: 市民自治・参加・情報公開, 環境・まちづくり・行政

 10月14日より小平市第二次環境基本計画の素案のパブリックコメントが募集中です。10年前に策定された基本計画の10年目の改定にあたるものですが、偶然とはいえこの時期にあたったのは単なる改定以上の大きな意味を持ちます。昨年に引き続く猛暑や大型台風などの異常気象の一因は地球温暖化によるものという説もありますし、なにより東日本大震災後の原発事故によりエネルギー問題の地域での取り組みがこれまでにも増して重要になります。そして、放射能汚染の対策についても無視するわけにはいきません。
 9月定例議会での一般質問でも計画改定について取り上げ、策定を行った環境審議会の市民公募やパブコメ以外の市民参加、たとえば10年前と同様の地域懇談会の開催で市民と行政が直接意見交換できるような場の提案をしました。これを受けて2回の「改定に関する懇談会」が開かれます。一度目はすでに終了しましたが10月26日に東部市民センターで、2回目は11月1日に中央公民館で、いずれも午後7時からです。
 素案では「環境中の放射線などに関する実態把握と情報提供」が市の環境施策に位置付けられています。また、これまでの基本計画を根幹として推進されてきた省エネを行政・事業者・市民レベルでさらに進め、太陽光など再生可能エネルギーの活用を拡大していくことは、社会全体の課題を解決するための地域実践です。
 10年後にありたい環境を描き、素案への市民意見公募を。素案は市のホームページで読めます。こちら 
★公園調査での放射線測定結果を追加しましたこちら⇒