3人そろって当選できました!

2011年4月26日 11時40分 | カテゴリー: 活動報告

市民の声を代弁していきます

 小平市議会議員選挙の投票が24日に行われました。久しぶりの快晴、気持ちのよい春の陽射しのなか私も歩いて投票に行きました。夜は事務所に集まり、開票所(中央体育館)に行っている仲間からの連絡をどきどきして待ちました。
結果は生活者ネットワークは3人とも当選。日向みさ子1597票・21位、岩本ひろ子1769票・18位、平野ひろみ1500票・23位と苦戦でしたが、票が偏らずそろって当選できたのでほっとしています。
 期間中は防災計画の見直しを市民参加で行うこと、女性の視点で防災体制を考えること、そして脱原発に向けて電力消費者として私たち小平市民が考えるべきことなど今回の震災に関わることと、日ごろの生活を安心できるものにするため介護や子育て支援、緑の保全を充実されることなどを辻遊説して回りました。
日ごろは自転車オンリーですが、選挙中の1週間は車を利用。2日間は自転車で車の停められないスーパーの前や住宅街で遊説しました。自動車の利用は議論しましたが、市内のたくさんの場所で多くの人に政策を聞いてもらいたいという思いと、市民の方からも自動車を使うか使わないかという論点でなく、政策を有権者に訴えるのが選挙なので必要に応じて判断してきちんと考え方を伝えてほしいという意見を複数いただきました。
 仕事はこれからです。この間たくさんの方々とお話をしてきました。課題山積のいま、みなさんの思いをつないで議会の中で代弁していきます。