市民活動支援センターオープン!!

2010年4月10日 00時27分 | カテゴリー: 議会・議会改革

 4月1日、元気村小川東に市民活動支援センターがオープンしました。センターは市民活動支援準備室として開設し、その後2003年の検討会によって「市民主体の運営」を方針とする提言が出されていました。昨年の6月議会で正式に市民活動支援センターとして開設するための条例が提案され、指定管理者の特例選定により審査の結果12月議会でNPO法人市民活動ネットワークが管理者として指定されたものです。
 センターは、市民活動に関わる情報収集や提供、交流、相談、調査・研究等を目的に事業を行っていきます。市民活動センターの支援の対象となるのは、自主的な社会貢献活動を行うグループです。
 4月2日にはオープンセレモニーが行われ、指定管理者となるNPOの理事長も市長や市議会議長とともにテープカットをし挨拶をしました(写真下左)。その後、オープニング・イベントではグループに分かれてワークショップを行い、これからセンターでしたいこと、発信したい情報などの意見が数多く出されました(写真下右)。市民活動支援センターの名称はかたいので愛称を、さまざまグループがつながりあえるように運用は柔軟に、配食サービスや地場野菜など食に関係する活動を実際に食べることを通じて活性化させる……などなどさっそくさまざまなアイディアが。
 地域の課題を解決するために、行政はないユニークな発想でフレキシブルに動く市民活動がこれまで以上に活発になることを期待します