灯りまつり in 中央公園

2009年8月6日 23時56分 | カテゴリー: 活動報告

中央公園灯りまつり
中央公園灯りまつり
 灯りまつりが8月1日土曜日に開かれました。今年から、新しく中央公園が会場に加わり、私も実行委員として当日会場の見回りなどお手伝いをしました。
 心配していた雨も降らず風もまったくない状態で、噴水広場付近の第1会場、体育館裏の第2会場、そしてグランド周りの道路に約1000基の灯ろうが並び大勢の人が訪れました。
 これまで、灯りまつりは小平駅から花小金井駅間のグリーンロードで行われ、正直言って市の西側に住む住民にとっては身近な感じがせず、見に行ったのは去年が初めてでした。でも、実際に見ると暗闇に灯ろうが並ぶ光景はとても美しく、自分でも描いてみたいなあと思ったものです。(昨年の灯りまつりの報告はこちら⇒)(私の描いた灯ろうは写真下)
 すると09年からは中央公園でも実施するという話が持ち上がりました。商工会を中心に中央公園付近の自治会や学校、高齢クラブなどが参加して準備を進め、当日はプレイベントや模擬店もあり大盛況でした。
 私も働く若いお母さんたちとつくっている「ワーキングマザーの会」という小さなグループで灯ろうを作り、団体でなく市民枠で参加。会場では自転車駐輪場への案内やろうそくが消えないかの見守りをしながら消灯まで会場にいました。
 今年は東のほうでもふるさと村がまつり時間中も開園しているなど、新しい試みも増えました(記事はトップページに⇒)。西と東同時に同じまつりを別々にやっているというのも、なんだかシンクロ気分でおもしろい感じです。途中訪れた知り合いに何人も会い、普段なかなか会えないでいた友人とも久しぶりにゆくっり話ができました。ゆらゆらとゆれる炎に感じるの安心感に、ちょっと大げさですが平和のよさをしみじみと感じました。準備の大変さも目の当たりにしましたが、やはりおまつりは楽しいものです。