3月議会が始まりました

2009年3月3日 00時19分 | カテゴリー: 議会・議会改革

 3月議会が始まり、今日からは2009年(平成21)年度の予算特別委員会が始まっています。
 2月24日の議会初日には19の議案が上程され、以下の議案が即決しました。
議案第11号 小平市組織条例の一部を改正する条例
議案第12号 小平市個人情報保護条例の一部を改正する条例
議案第13号 公益的法人等への小平市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
議案第14号 小平市受託水道事業特別会計条例を廃止する条例
議員提出議案第43号 インターネット上で実写画像を提供する地図検索サービス機能に関する意見書提出について
議案第17号 平成20年度小平市一般会計補正予算(第4号)
 
 このなかで、「インターネット上で実写画像を提供する地図検索サービス機能に関する意見書提出について」は、2月5日のホームページでお知らせした「議員提出議案第40号 地域における画像撮影活動に関する意見書提出について」の意見書を総務委員会で若干修正し提出しなおしたものです。
 それから、議案第17号「平成20年度小平市一般会計補正予算(第4号)」については、会派緑・ネットとして反対をしました。内容は、国の定額給付金の事業費(給付のための事務に要する費用)1億786万円と子育て応援特別手当の事業費444万円、そしてプレミアム商品券の補助金1200万円を計上するものです。定額給付金についてはより効果的な経済・雇用対策があるのではないかという大きな世論の声がありました。この定額給付金を含めた二次補正予算案は1月27日に衆議院で成立していますが、財源を確保するための関連法案は小平市議会初日の24日現在は成立しておらず、先行して市が補正予算を出す手続きに異を唱えるというのが反対の理由です。補正予算を提出できる根拠としては総務省から示された要綱ということで、ほかの多くの自治体も同様の扱いをしていますが、このような方法をとることが政治への不信感につながりかねないという判断です。
 その後、27日に3月4日に関連法案成立のメドという報道がなされました。これにより、小平市での定額給付金27億3688万円と子育て応援特別手当給付金8899万円は、最終日の3月23日の最終日に新たな補正予算として出てくることが予想されますが、その際は法案が通ったことを踏まえ再度会派としての賛否を決める予定です。

 そのほかの各議案は以下のとおりそれぞれの委員会に付託され審査されます。私は3月5日に開かれる特別会計予算委員会と10日に開かれる厚生委員会に出席します。
〈一般会計予算特別委員会に付託される議案〉
議案第5号 平成21年度小平市一般会計予算

〈特別会計予算特別委員会に付託される議案〉
議案第6号 平成21年度小平市国民健康保険事業特別会計予算
議案第7号 平成21年度小平市老人保健特別会計予算
議案第8号 平成21年度小平市後期高齢者医療特別会計予算
議案第9号 平成21年度小平市介護保険事業特別会計予算
議案第10号 平成21年度小平市下水道事業特別会計予算

〈総務委員会に付託される議案〉
議案第18号 平成20年度小平市一般会計補正予算(第5号)
議案第19号 小平市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例

〈厚生員会に付託される議案〉
議案第3号 平成20年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
議案第15号 小平市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例
議案第16号 小平市介護保険条例の一部を改正する条例

〈建設委員会に付託される議案〉
議案第4号 平成20年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第2号)