足元から地球温暖化防止

2008年6月28日 08時33分 | カテゴリー: 環境・まちづくり・行政

冷蔵庫を買い替えるぞ!

 6月議会が終わりました。その報告は近日中に書きますが、その前に小平・生活者ネットワークの周年行事のお知らせです。

 ◆ワークショップ「省エネゲーム」
  と き 6月29日(日)午後1時30分〜4時
  ところ 中央公民館 講座室
 

「足元から地球温暖化を考える市民ネット・えどがわ(通称:足温ネット)」からファシリテーターを招いて、グループごとの簡単なゲームを通して、お買い物感覚で実践的な省エネを学びます。小学校高学年くらいから参加できる楽しいゲームです。事前申し込みなしでもOKです。直接会場にお越しください。

 ところで、今回のワークショップに先駆けて足温ネットから消費電力量を測定するエコワット(写真・上)を借りて、わが家の冷蔵庫(写真・下)を測ってみました。結果は24時間の消費量4.64Kwh で106円、年間だと1693Kwh、37259円。この冷蔵庫は10年ほど前に購入したものですが、現在は省エネ型の製品が普及し、400Lクラスのものでも年間消費電力量500Kwh、電気代11000円程度です。使う電力がこれだけ少なくなるのは地球温暖化防止にもつながりますし、何より年間2万5000円以上も電気代が下がるというのは、家計も大助かりです。
 実を言うと1年ほど前から冷蔵室の食品がたまにカチコチに凍っていることがあって、お財布と相談しながらだましだまし使っているのですが、ここにきて野菜室まで怪しくなってきました。しらたきやウィンナーだけでなく、レタスもたまにバリバリになっていることがあっていよいよダメだなという感じです。昨日の新聞に「原油高騰の影響で電気代も大幅値上げか」という記事もあったし、電気屋さんの広告を見て省エネ効率がよく値引きされているものに買い替えをしようと決心しました。
 足温ネットでは、年間に節約される電気料金の5年分を10万円上限で融資するというユニークな融資制度も行っています(条件など詳細はHPで)。環境政策としての大きなしくみづくりがまず何より大事ですが、一人ひとりができる省エネも地球を持続可能な星にします。電気をつけっぱなしてソファでうたた寝してしまうことも反省しつつ、省エネゲームに臨みます。