子育て広場「きららはうす」がオープン

2007年12月12日 00時07分 | カテゴリー: 子育て支援・女性・男女平等参画

 花小金井駅南口から徒歩5分、光が丘商店会に子育て広場「きららはうす」がオープンしました。子育てにほっとできるひとときを、とまさに当事者であるお母さんたちが6年前に立ち上げたNPO法人子育て広場きららが運営する常設の場所です。
 12月8日のオープニングセレモニーにはたくさんの人がお祝いに駆けつけていました。開設にあたっては小平商工会が商店街活性化事業ということで協力をし、また赤い羽根共同募金とNHK歳末助け合い募金の配分金も得たということです。
 こうした力を得たのも、これまできららが、子育てをするお母さん・お父さんのニーズにひたすら応えようと、ひとつひとつの活動をていねいに地道に、それでいて地から強く広げてきた結果でしょう。
 私は、数年前にある出版社の育児百科の取材協力という形できららの広場におじゃましお話を聞かせてもらいました。場所は毎週月曜日に都営住宅の集会室を借りて行っている広場でしたが、開場の前に車でおもちゃを運び込み準備をし、若いママたちの話に何気なく耳を傾けたり、小さな子どもたちの遊び相手になったりするスタッフのみなさんの姿に、子育ての思いを知っている当事者だからこその優しさと頼もしさを感じました。
 こうした子育てにほっとできる場所がたくさんあること。そのどこかで、あるいはその誰かに本音を語れることができること——それが何より子育ての力になる。あらためてそう思っています。